カラコンには装着時間にルールがある?

カラコンの装着時間の限度とは

オシャレアイテムとして必須のカラコンですが、目の健康を守り安心安全に使うためにはいつくかの守りたいポイントがあります。そのひとつがカラコンの「装着時間」です。カラコンに限らずコンタクトレンズは基本的につけっぱなしにする事は出来ません。またコンタクトレンズには、ハードとソフトがあるのですが、ハードよりもソフトの方がつけ心地が良いというメリットがある一方で酸素透過率が低いというデメリットがあります。

そのため酸素透過率が低いソフトレンズを長時間装着していると、眼球に酸素が行き渡らず酸欠状態となってしまうんですね。そして現在販売されているカラコンは、全てがソフトレンズとなっています。ですから、カラコンも装着時間を守って長時間装着することは避けなくていけないのです。カラコンの装着時間を守ることによって、目の負担を軽減しカラコンによるトラブルを防ぐことが出来るようになります。

カラコンの装着時間の限度はカラコンの種類やメーカーによっても違ってきます。そのためカラコンを購入した際についてくる説明書をしっかりと熟読して、装着時間を守るようにしましょう。基本、ワンデータイプのものは連用使用出来ない仕様になっているため装着時間は短めです。ワンデー=24時間付けられるという事ではないので注意してくださいね。

通常は説明書にある装着限度時間を守ることで目の負担を軽減する事が出来ますが、初めてカラコンを使用する場合はまた装着時間の限度は異なってきます。なんでもそうですが、初めから無理をする事は望ましくありません。初めは普通よりも短い時間装着して様子を見ながら徐々にカラコンに目を慣らしていくという必要があります。慣れるまでは違和感などもあるでしょうから、短時間の装置にとどめておきましょう。

装着限度時間よりも大幅に長くカラコンを付ける事は目のトラブルを招く可能性がありますが、トラブルの原因となるのはそれだけではありません。目のケアもしっかりとする事で、トラブルを未然に防ぐ事が可能になります。カラコンだけに限った話ではありませんが、コンタクトレンズを使用すると眼球が乾きやすくなるのでドライアイにならないようなケアが大切になってきます。

装着限度時間を守り長時間の使用を避ける、目のケアを怠らないといったことを守れば、カラコンによるトラブルが頻繁に起きることはありませんから安心してください。カラコンを安心して使用するための装着限度時間やカラコン初心者のケースについて目の適切なケア方法と一緒に学んでおきましょう。

最新投稿