長時間はNG?

カラコンは、目の負担を考えるとなるべく長時間の装着は避けた方が良いと言われています。それは、ソフトレンズであるカラコンは、ハードレンズに比べて酸素透過率が低いという特徴があるからです。また、ソフトレンズの中でもクリアコンタクトと比較すると、カラー層が含まれるカラコンの方がより酸素透過性が低いため装着時間は短めがベストとなります。またレンズを装着する事による眼球への負担を考えても、長時間よりも短時間の装着の方がダメージは少ないでしょう。

ただ、長時間の使用はNGといっても、それは説明書に記載されている装着時間を超えての使用はNGということです。お昼から帰宅までずっとつけていたからといって、すぐに目のトラブルが起きるという訳ではありません。最近のカラコンは、目の負担を出来るだけ軽減するように機能性もアップしていますから、3~4時間しか装着出来ないなんていう製品はありません。外出時にのみカラコンを使用する場合は、十分に対応することが出来るので心配し過ぎない様にしてくださいね。

また、説明書に記載されている装着時間内であっても、目が疲れていると感じたり、ちょっとでもおかしいなと思ったらいつもより装着時間を短めにしてみましょう。臨機応変に対応することでより目の負担を防ぎ快適にカラコンを利用する事が出来ますよ。